2007年4月30日 (月)

戸頭の楽器屋さん

☆4月30日(月)

今日は、ずっと前から娘に頼まれていた楽器屋さんに行ってきました。

戸頭の消防署近くにあるヤマハですが、娘が先輩から聞いて教えてもらったという楽器の何とかオイルや、メトロノームやチューナー、楽譜などが売っているお店です。

もちろんピアノもたくさん並んでいました。

Dscn8345

店に着いたら今日はお休みのよう。

残念!

「あ~、せっかくやっと来たのに・・・」と娘と店先に立っていたら、ビルの関係者の方がたまたま通りかかって、二階か三階にいるらしいスタッフを呼んで来てくれました。

ビル全体がヤマハで、きっと上では音楽教室が開かれていたのでしょう。

ラッキーなことにスタッフに店を開けてもらって、吹奏楽部で使う必要なものも全部揃いました。

      ♪

「お母さんと一緒だと、上手くことが回るのよ。そう思わない?」

と、いい気分で言ったら

「そう?・・・でもお母さん、よく転ぶよね。私より全然怪我も多い」

と言われた。

ホント、その通りだ!

| | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

三輪明宏さんのコンサート

☆11月28日(火)

昨晩はずいぶん前に母から誘われていた、三輪明宏のコンサートに行ってまいりました。

先日韓国の西大門刑務所に行ったとき、日本帝国のした拷問にショックを受けて帰ってきましたが、昨日の三輪さんのお話しにもそれに関連することがあって、改めて歴史の悲惨さを繰り返しちゃいけないと思いました。

三輪さんは戦中戦後をたくましく生きていらっしゃる、歴史の証人でもあるのですね。

Dscn6293

ものすごく華やかな西洋の絵画のような絢爛豪華さなのに、トークは熱のこもった社会派で、その三輪さんのお人柄がとても興味深かった。

私は強い人間に生まれました、、、といっていた。

話を聞いていたら今の私の悩みや辛さなんて、取るに足らないこと、だって言われた気がした。

ある意味幸せだから沸いて出てくる贅沢な悩みなんですね。

素敵な言葉を言っていてね、日本は「恋愛って言葉、恋が先に来るでしょ?」って。

フランスは愛が先に来るのよって。

恋は、私はあなたのことがすき、私はこんなにも胸が苦しいって、わたしわたしを押し付ける。

愛は貴方の幸せのためならと相手のすべてを受け入れる気持ち。相手の本当の幸せを考えるのが愛。

恋愛は、その恋と愛を行ったり来たりするものなのよ、って。

素敵で面白い表現の仕方だなぁと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年9月 3日 (日)

夕べのコンサート

☆9月2日(土)  守谷市役所「夕べのコンサート」

昨晩、お友達の岩本さんから、「明日ハーモニー松ヶ丘が夕べのコンサートに出ますよ」と教えていただきました。

それはめでたい!

「んじゃ、行かなきゃ!」と、さっそく行ってまいりました。

       **************

Dscn4372

明日の地域づくり委員会を終えて急いで家に戻り、娘を連れてあわてて会場である市役所の入り口前に。。。

行ったらもう、松ヶ丘のコーラスがはじまっていました。

   *

急いで来てよかったぁ!!!

Dscn4366

実は「夕べのコンサート」、来たのは初めてです。

      *****

我らハーモニー松ヶ丘は声量もあるし、声も美しいし、何より皆が笑顔で本当に楽しそうに歌っている^^

すごいすごい!

笑顔につられて、こちらも笑顔になりました。

Dscn4371

将来有望株ですね!

ピンクのおそろいのノースリーブも可愛かったです♪

             ******************

Dscn4376

大正琴「守谷輝風会」

・・・あっ、なるしまさんだ!

Dscn4377

横島先生が指揮をされた「守谷混声ハーモニー」

あっ、よしださんとつちださんだ・・・。

Dscn4380

Dolce

モーツァルトの曲をコーラスで歌っていました。

先日の駅前イベントでも歌っていましたね!

Dscn4381

ウインドアンサンブル守谷

先日の定期公演も楽しかったのですが、今日もよかった。

確かシャボン玉ホリデーの始まりの曲とか、水戸黄門や大岡越前のテーマ曲など、耳に馴染みのある曲を、迫力たっぷりに演奏。

Dscn4388

拍手が鳴り止まず、アンコール・・・を期待したのですが。

また今度のお楽しみ。

Dscn4389

あっ、よこせさんだ。

Dscn4391

平成18年度、夕べのコンサート5日間の閉会セレモニー。

北村教育長の挨拶。

              ***************

最後に、プロの姉妹のリコーダーの演奏です。

はじめて聞きましたが、ビックリでした。

さすがプロ、姉妹で吹くリコーダーは音に深みと柔らかさがあって、素敵なハーモニーを作り出していました。

Dscn4393

柳沢姉妹。

平井賢の「瞳を閉じて」なんて、なんであんな吹き回し(?)が出来るのだろうと、プロの技を見ましたよ。

もう、完璧でした。

Dscn4394

プロ10年目だそうで、普段は小学校などで演奏活動をしているそうですよ。

演奏と共に、子どもたちにとっても身近なリコーダーのお話もいろいろしてくださるそうです。

今日も16センチしかない高い音の出るリコーダーから、1メートル20センチもある低い音の出るリコーダーまで10本くらい持って、それを曲の演奏で吹き分けてました。

最後のアンコールで、「見上げてごらん、夜の星」を演奏してくれたのですが、夜空の下で聞く名曲はとても素敵でした。

「今日は来てよかったぁ!」と娘と一緒に大満足。

よかったねぇ、よかったねぇ、、、と連発しながら帰りました。

プログラムにある出演者を見て、今日は最後まで聴きたいと喜んでいた娘。終わったのは9時半ごろでしたが、こんなに長くなるとはまったく思っていなかったので、おなかがぺこぺこ。

           *

夕べのコンサート、来年はしっかりご飯を食べてからいったほうがいいですね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 9日 (水)

茨城県吹奏楽コンクール

☆8月9日(水)  茨城県立県民文化センター「茨城県吹奏楽コンクール」

Dscn3745 水戸の県立県民文化センターで行われた、「茨城県吹奏楽コンクール」に行って来ました。

子どもたちの演奏する音楽を聴くのって、最高ですね。

なんと言ったらいいか、音に純粋なエネルギーが乗って降って来る感じがするのです。

私の感覚的なものなのでなんともいえないのですが、音には、うまい下手ということとはまったく別の次元で、演奏者の何かを反映したエネルギーがあるような気がします。

      *   *   *

けやき台中学は35校中30番目、15時35分からの演奏でしたが、せっかく水戸に行くのですもん、昼前に入って、ずっと他の学校の子どもたちの演奏を楽しんでいました(・・・おしりが痛かった)。

でも本当に素晴らしかったです、どこの学校も!

さすが県大会だと思いました。

クラリネットやフルートなどが抜群にうまい子どもたちがいる学校は、曲の中で、そういう子どもたちのソロが入るのですが、あれは中学校に入ってから練習で磨いたものなのですかねぇ・・・。

すごいねぇ。。。

しかし、やっぱりけやき台中学の子どもたちの演奏「嵐の中へ」は、良かった。

今日も自然に鳥肌が立ちました。

そしてC部門で金賞の受賞です!!!

よくここまでやりました!

本当におめでとう!

    *********

前回の話ですが、吹奏楽の県南のコンクールのとき、写真を撮って、ブログにアップしたのですが、会場での写真撮影は禁止だったのだそうです。

大変申し訳ありませんでした。

お便りでそれを知ったときはビックリ!赤面しました!

中学校のコンクールの吹奏楽を聴くのは初めてだったので、あまり何も考えていなかったのです・・・。

お祭りの日で、ちょっと浮かれていたのかも?

       *

今日会場をよく見たら、携帯の電源を切る、飲食禁止、撮影、録画、録音、すべて禁止と張り紙されていました。

今後は心して、マナー良く聴こうと思ったしだいです。

Dscn3741

ということで、会場ではなく、子どもたちで賑やかに混雑するホールの写真を一枚撮りました。

ここはまさか禁止じゃないでしょうね?

県のPTAの理事だったときによく通っていた会場なので、懐かしかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

ウィンドアンサンブル守谷定期演奏会

☆7月23日(日)  「ウィンドアンサンブル守谷定期演奏会」

中央公民館で開催された「ウィンドアンサンブル守谷第5回定期演奏会」に行ってきました。

Dscn3150 PTAのOB仲間、横瀬さんの所属している楽団です。

いつもお話を聞いていましたが、演奏されるのを見たのは初めて♪

ジャパニーズグラフティという、時代劇のテーマ曲のメドレーがあって、銭形平次とか、大江戸捜査網、暴れん坊将軍、水戸黄門など、ホント懐かしい曲をすっごい豪華な感じで演奏!

横瀬さんがソロで、大岡越前の最初の口笛の部分をテナーサックスで吹いていらっしゃいました。

子どもの頃、あの音楽が流れてくると、『もう遅い時間だなぁ』と思った、あの感覚まで蘇ってきました。せつない感じがとても素敵でした。

皆、ホント素晴らしくて、すごい迫力でした。

Dscn3152_1

       -

400席のホールはたくさんの人で一杯。

こんなにたくさんの人がホールに座っているの、はじめてみたかもしれない・・・・・

       -

Dscn3147

今日はステージが小さく感じるほど演奏者がたくさんいらっしゃいました。

中央公民館のステージじゃ、狭すぎますね。

指揮者はステージの外側の台で指揮をしていました。

         ***************

ノリのいい曲もたくさん!

映画「スイング・ガールズ」で有名な曲、「シング シング シング」では、思わず手拍子を・・・。

クラリネットの男の子(高校生なのかな?)のソロもとっても上手だった。完璧!ビックリ!

最後のアンコールでも客席と舞台が一体化したように、リズムのいい曲と観客の手拍子のコラボレーション。。。

ホント最高!

                 *************** 

帰るとき、時計を見たら二時間くらいたっていました。あっという間の二時間でしたョ。

私は中学に入った娘が吹奏楽部に入ったこともあり、ぜひ聞かせたくって出かけましたが、私のほうが楽しんだかも?

本当に素敵な時間でした♪

また聞きにいこっと!

| | コメント (2) | トラックバック (0)