2007年6月25日 (月)

聖徳大学生涯学習フォーラムに行ってきました

☆6月25日(月)

きのう。。。

Img_0036

さて、ここはどこでしょう?

守谷から松戸にいくため、乗り換えに降りた「流山おおたかの森ショッピングセンター」です。

ちょっと時間があったので、あおきさんとたかのさんをショッピングセンターに案内しました。

広々~ 

日曜の10時ちょっとすぎです。

Img_0038

松戸に行ってお昼を食べる予定でしたが、話の種にここで済ませることに。

たかのさんは「五色冷やし蕎麦」、あおきさんは「へぎ蕎麦」、私は「かも汁そば」。

美味しかったです。

Img_0044

さて、ちょっと遅れて聖徳大学につきました。

(私が東武野田線の乗り継ぎのとき、上手く切符を買うことが出来なかったので、電車に乗り遅れてしまったから、、、といわれました・・・笑)

川並記念講堂で行われている、アトラクションに間には合いましたョ!

ちょうどりりーずが踊っているところです。

Img_0048

音楽文化学科の水垣先生がパイプオルガンの演奏をされました。

Img_0056

秋山仁先生の講演。

幼い頃は、とにかく周囲の大人が理解できない行動をしてお母様を悩ませたようで、相当変わったお子さんだったようですよ。

講演では何度もこう断言していらっしゃいました。・・・「頑張ったら出来ないことはない」。

同感です。

ただどのくらい頑張らなきゃいけないかは個人差もあるし、根気の問題もあるし、人それぞれだと思います。

先生のお話はすごく面白かったのですが、前日の寝不足とお腹が冷えて痛くなってしまったのとで、残念ながら途中で会場を出て外で休んでいました。

いろいろ盛りだくさんの情報をメモできなかったのが残念。

Img_0072

こちらは会場を移して、社会貢献センター(10号館)で行われた分科会。

Img_0071

みんな真剣に聞き入っています。

Img_0067

パネラーの(左から)、福留強先生、日本子守唄協会の西舘好子さん、文部科学省の安間敏雄さん、放送大学の先生岡崎友典さん。

お話はひじょうに面白かったです。

また8月ごろ、西舘先生、山谷えりこさんをお呼びして講演会を予定しているらしいので、次回をお楽しみに!

     -   -   -

このときもまだ、体調悪し。。。

皆さんの偉大なエネルギーだけはしっかりいただき、体力は徐々に回復し始めました。

Img_0077

分科会が終了し、まちづくり協会の総会を終えると、事務所に皆で集まって、鹿児島から送っていただいたと言う限定うん本の「志」という芋焼酎を戴きました。

福留先生はすごいですね。お酒まで造ってもらっちゃうんですから。

このお酒、コクがあって飲みやすくて美味しかったです。

このおかげで、すっかり元気が回復しました♪

Img_0084

楽しい二次会です!!!

Img_0089

チャーミングな流山の奥田さん。

地元ではとても有名な方です。

私の周りには素敵な先輩がたくさんいて、ホントありがたいです。

昨日も楽しい一日でした。

(夜にはすっかり体調は回復したのでした・・・・笑)

| | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

福留先生と・・・

☆5月5日(土)

Dscn8704 昨日は福留強先生がリカレント☆ねっと事務所を訪ねてきてくださいました。

先週のオープンのときは9度5分も熱が出てしまったそうで、4日間も寝込んでいたとのこと。

先生とお会いするのも久しぶりです。

福留先生は前に文部省におられて、昨年茨城でも開催されたもう今年で19年目になる全国生涯学習フェスティバルの一回目の開催から担当したのだそうです。

最初は幕張メッセで開催したそうですが、そのときにボランティアで協力してくださった方々と一緒に「生涯学習まちづくり研究会」を立ち上げたんですって。

それが今「NPO 全国生涯学習まちづくり協会」になっているんですね。最初に「まちづくり」と「生涯学習」を結びつけて考えたのは福留先生だったのですね。

先生はとてもパワフルで、いつも何か面白いアイディアで頭の中が一杯。

Dscn4007 私は先生のおかげで、俳優の山本学さん、作曲家の平尾昌昭さん、女優の富士真奈美さん、作家のねじめ正一さん、落語家の橘や円さん、読売新聞の北村節子さんなどなど、たくさんの著名な方とお会いすることも出来ました(名前や漢字が間違っているかも。かりゆしバンドとか地域的にはすごくメジャーな方々にもたくさんお会いしてます)。

みんなすごく素敵でした。

交友関係がすごく広いのですね。

先生は一年位前にテレビ東京での「大学の変な先生」というテーマでのテレビ番組に出たらしい。。。(これは自分で仰っていたのです・・・笑)

放映日を伺わなかったので見ることができなかったのですが、猛烈な巨人ファンのシンポジウムのときに確か密着取材が入っていらっしゃいました。

    ***********

Dscn8707 昨日は、ある著名な方々とシンポジウムと共にある企画を全国的に進めることを考えていて、その企画に守谷も名乗りを上げませんか、というご提案をお土産に持ってきてくださいました。

いつも私一人で受け止める先生のご提案ですが、今日は用事があったという青木隊長にも時間を都合して同席してもらっての打合せです。

事務所をオープンしたばかりで、これから取り組まなければいけないことが山積しているのですが、先生のご提案に興味が惹かれる。。。

われわれにもっと、キャパがあればねぇ・・・。

この前の蕎麦打ちもすごく楽しかったし、ビーズ教室も好評だったし、自分たちでしっかり取り組める足元から、まず地道に続けていくことが大事。

面白い提案には、今後自分たちの活動にどうつなげて行くか、そこをまず考えてからの決断になりそうですね♪

頑張ろうね!

| | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

気がかりが片付いて・・・

☆4月24日(火)

Dscn8136

TX流山おおたかの森駅。

守谷とすこし違いますね。

(ここだけの話、駅のデザインは守谷の方がいいですよネ。・・・でも駅前開発は・・・。)

      ********

さて。

今日は仕事から帰宅して、夕食の前に、町内会の用事を幾つかこなしました。

毎日バタバタしていて忙しくてなかなか手をつけられなかったことが、『今日は頑張るぞ!』と決めたら思いのほかスムーズにトントンと進み、気がかりだった町内会の諸々が片付いてすごくいい気分!

体の疲れも、気分的にスッキリしました。

(澱のような疲れって、「気がかり」も影響しているのかもね)

     *********

今日のさだまさしの日めくり。

「『生きている』と実感する瞬間とは、

何かに感動して、心が震える瞬間。

自分で探しに行かねば。」

         ^~^

出来れば、そうありたいものですね。

         *

でも・・・、感動を求めてばかりいると、けっこう疲れるってのもあるのョネ!

淡々とした日々も、それはそれで、「いいもの」です。

| | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

さだまさしの日めくり

☆1月3日(水)

Dscn6706 年末にカレンダーを買いました。

一目ぼれ。

日めくりカレンダーなのですが、毎日一言、さだまさしのが言葉が書いてある。

見本を見て、すごく惹かれて買ってしまいました(2700円もしたけれど・・・)。

          *

大学のときはさだまさしの大ファンで、ときどきボーイフレンドと一緒に彼の家のあたりをウロウロしたっけな。

当時の彼の家は市川にあったのですが、大学が近くだったの。

「帰去来」というアルバムの表に映っているのは、彼の家の前のスナップなんですよね。

彼の家の玄関のところの柱に「ここは市川市。上から読んでも市川市。下から読んでも市川市」というようなジョークが書いてあった。

メッチャ笑った。。。

見えた、ということは塀の上から覗いたということです。

若気の至りですんません。

たぶん肩車か何かをしてもらったのでしょう(記憶が定かではありませんが・・・)。

           *

Dscn6707 今年はこの日めくりをめくるのも、毎日の楽しみのひとつになりそうです。

(→そうそう、プラス思考って言うのは、けっこう苦労している人のほうが上手だったりするんですよね・・・笑)

| | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

三輪明宏さんのコンサート

☆11月28日(火)

昨晩はずいぶん前に母から誘われていた、三輪明宏のコンサートに行ってまいりました。

先日韓国の西大門刑務所に行ったとき、日本帝国のした拷問にショックを受けて帰ってきましたが、昨日の三輪さんのお話しにもそれに関連することがあって、改めて歴史の悲惨さを繰り返しちゃいけないと思いました。

三輪さんは戦中戦後をたくましく生きていらっしゃる、歴史の証人でもあるのですね。

Dscn6293

ものすごく華やかな西洋の絵画のような絢爛豪華さなのに、トークは熱のこもった社会派で、その三輪さんのお人柄がとても興味深かった。

私は強い人間に生まれました、、、といっていた。

話を聞いていたら今の私の悩みや辛さなんて、取るに足らないこと、だって言われた気がした。

ある意味幸せだから沸いて出てくる贅沢な悩みなんですね。

素敵な言葉を言っていてね、日本は「恋愛って言葉、恋が先に来るでしょ?」って。

フランスは愛が先に来るのよって。

恋は、私はあなたのことがすき、私はこんなにも胸が苦しいって、わたしわたしを押し付ける。

愛は貴方の幸せのためならと相手のすべてを受け入れる気持ち。相手の本当の幸せを考えるのが愛。

恋愛は、その恋と愛を行ったり来たりするものなのよ、って。

素敵で面白い表現の仕方だなぁと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年8月22日 (火)

熱狂的な巨人ファンのシンポジウム

☆8月21日(月)   日本青年館「巨人ファンのシンポジウム」

今日は神宮球場近くの、日本青年館に行ってきました。

さっき帰ってきたのですが、明日はまた朝8時に家を出るので、子どもたちのご飯や、塾の送り迎えを「どうすべい」と、ハタと考えているところです。

Dscn3954

今日は朝から野菜の天ぷらと餃子を揚げて、食事の用意をして出かけました。

子どもたちに冷めてもおいしい野菜料理を、と思ったら、天ぷらしか思いつかなかったので・・・。

     ****************

Dscn3958

神宮球場。

ヤクルトの本拠地だそうです。

東京メトロの外苑前でおりて、ちょっと歩いたところ。。。

Dscn3959

そこからまたちょっと歩くと、日本青年館があります。

そういえば以前もここで講座をしましたっけ。

今日は地下のホールが会場です。

Dscn3962会場前。。。

受付の学生さんや、ボランティアスタッフの皆さん。

「あれ?山下さんは~(仕事しないの???の意)」と聞かれたので、「今日はお客さんョ!」と答えて、写真を撮っていました。

**************

Dscn3978会場にお客さんが入ってきました。

このシンポ、新聞などに案内が載ったそうですね。

たくさんの人が来ていました。

・・・取材陣もたくさん。日刊スポーツ、夕刊フジ、アエラ、読売、12チャンネル、サンケイ、などなどだそうです。

Dscn3974シンポジウム前。

平尾昌晃さん、富士真奈美さん、ねじめ正一さん。

平尾さんは新聞の広告を見て、往復はがきで参加申し込みをしてきたのだそうですよ。

申し込みに、「平尾昌晃(作曲家・歌手)」と書いてあったので、福留先生はすぐ電話をしたそうです。

平尾さんは熱烈な巨人ファンで、「一般で申し込んだのに、こちら側(壇上)になってしまいました」なんて挨拶をされていました。

気さくでとっても感じが良かったです。

Dscn3986

一番右は八潮在住の落語家、「橘ノ圓(たちばなのまどか」師匠。

面白くて、温かい話し方をされる方でした。

Dscn3992

冨士さんは、とっても綺麗なパステルカラーのようなピンク色の洋服をお召しになっていて、とってもよく似合っていらっしゃいました。

髪にお花をつけていらっしゃいましたが、とても可愛かった。

年齢を重ねたら、私もああなりたい。

      **********************

シンポジウムは、ホント盛り上がりましたよ。

私は巨人のファンでも何でもありませんが、お話は面白くて、すごく楽しめました。

平尾さんだけでなく、師匠も、ねじめさんも、冨士さんも熱烈な巨人ファンで、頭でなく、ハートで話をしているので、面白かったのだと思う。

福留教授が10月にも第二段をやると仰っていました。

12チャンネルのカメラは「大学の変な教授」の取材で、福留先生を密着で追いかけていたそうです。(放送予定は10月29日だそうです)

先生はそれをいい間違えて、「変な大学の教授の取材です」と仰っていました。

聖徳大学はいい大学です。変ではありませんよ(笑)。

         *

Dscn3998 シンポジウムのあとはパーティです。

       *

生涯学習指導者コースの学生さんたち。

いい子たちなんですよ、彼女たち。

Dscn4004

橘ノ師匠と写真を撮ってもらいました。

とても気さくな方でした。

Dscn4006

富士さんもねじめさんも平尾さんも、お気持ちで来てくださったそうですよ。

こんなにたくさん来ていただいて、普通だったらウン百万かかるよね?

Dscn4009

平尾さんと学生さんたち。

私も平尾さんと一緒に撮っていただきましたよ。

子どもの頃、テレビで見ていた人なのにね。

           Dscn4012

年配の方が多いのは「中高年」の方々を対象に呼びかけたからです。

皆さん熱いです。自称、「巨人キチガイ」の方が多かった。

私は違いますよ。

直接電話をいただいたので、顔を出したの。

巨人キチガイでも、中高年だからでもありません。(絶対違うってば!)

           *****************

Dscn4025

帰り、駅近くで、社会人二年目の景子ちゃんと香織ちゃんと先生と4人でかき氷を食べました。

景子ちゃんと香織ちゃんはもと生涯学習指導者コースの学生さん。

景子ちゃんは何度か守谷にも来てくれました。

久しぶりに話ができて、なんだかすごく嬉しかったなぁ!

Dscn4026

すっごい、大きなカキ氷。

このあと、今日呼ばれた目的でもあるお仕事の話を少ししました。

華やかさの裏に、いろいろな活動の意味があるんですよね。

それをどう伝えるかが、勝負です。

明日早いので、もう寝なければ。。。

    Z Z Z Z Z おやすみなさい Z Z Z Z Z

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006年4月22日 (土)

ギャルサーのロケ?

☆4月21日(金)    日比谷公会堂「春風亭小朝の落語」

 今日は午後から東京へ出かけます。母と母の友人と新橋で待ち合わせ。

Dscn1054

 

関東鉄道の路線バスでTX守谷駅に・・・。

 雨もやんで、とてもいい天気です。

Dscn1058  守谷駅に着きました。

 常陽新聞社の「シティオペラ」のボックス。

 (明日4月22日の常陽新聞にリカレントのマップの記事が掲載されます!今日常陽新聞のⅠ記者さんからお知らせをいただきました)

Dscn1060

 守谷駅のトイレ。

 三時くらいだとあまり人がいませんね。

 広々とした感じ…

Dscn1064

 これからこの電車に乗ります。

Dscn1065

 秋葉原。あっという間です。

 「いばらき情報ステーション」というのが駅構内にありました。

 いばらきの資料が一杯。茨城県で運営しているそうです(中にいたかわいいお嬢さんがおしえてくれました)。

Dscn1066

 いろいろな資料があったけれど、守谷の資料はあまり(パッと見たところまったく)ない。

 守谷も頑張ってPRしましょう!!!

 

Dscn1084

 道中、ビルの谷間にこいのぼりが悠々と泳いでいました。

 

Dscn1085

 およよ?

 こいのぼりの先に、「渋谷商店街」の垂れ幕を派手派手しく掲げるお祭り会場を発見。

 よその地域の「まちづくり」に興味津々の私。写真を撮りました。

 見ていると商店街のお祭りなのに、近づこうとする人を制する警備員がいる事に気がつき、変だな?と思った瞬間…

Dscn1088_1   

 カウボーイハットの妙な人発見。

 これって土曜4チャン9時の「ギャルサー」のロケ?…と、直感で思いました。(たまたま番宣を見たもので・・・) 

Dscn1090

 ミニスカートの若い女性の集団が、メガホンを持った仕切り屋さんのような人に「みんな、寒いけど大丈夫~!」と言われて、「はーい!」なんて集団で答えている。

 どうもロケのようです。

 カウボーイハットの男の人が「藤木直人」かどうかを確認しようと思って近づいたら、「ここは入れません。写真はご遠慮ください」と言われてしまいました。

 やっぱり、ロケのようでした。(ドラマを見ないと確認できない…)

Dscn1092

    -*-

 日比谷公会堂です。

 古い建物は重厚な感じがして趣がありますね。

 でも入り口まで、この階段を登らなきゃ、なりません。

 結構大変ですね。

Dscn1104

 これから「春風亭 小朝」の落語です。

 花金6時過ぎ、40代、50代位の男性がたくさん見えていました。

 小朝さんがそれをネタに、「チョイ悪親父」の話をしていましたよ。

 小朝さんのお話はいつ聞いてもすごいな、と思います。

 話の情景がまわりに見えるような話術の妙です。

     *     *     *

 林家木久蔵さんの話、大笑いしました。お人柄にグイグイ引き込まれます。笑点よりずっと面白くて素敵。

 小沢昭一さん、ご存知ですか?

 小沢さんも素敵でした。もうお年で、舞台左袖からユルユル頼りなげに歩いて壇上に見えてなにげなく座布団に座ったと思ったら、お囃子にあわせて、センスを「ピシャリ!」鳴らしました。

 お話の始まりです。

 そのさりげなく計算し尽くされた芸にしばし感動!

 日本の文化っていいなぁ。。。

    *   *   *

 ワインが回ってきました。

 そろそろ休みます。

 中途半端でごめんなさいzzzzz

 おまけ…。

 今日、着物を着たのですよ。

 着方を忘れて帯の締め方がちょっと「ありゃま!」

      *

 それではおやすみなさい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)