« のんびり過ごした一日 | トップページ | 休んだ次の日の仕事は辛い »

2007年6月21日 (木)

鈍感力

☆6月21日(木)

Dscn9019 昨日ワンダーで渡辺淳一の「鈍感力」を買ってきました。

読んでいて思ったのですが、私も「鈍感力」のある人間なんですね。

言っときますが(誰も聞いてないって・・・)、昔はもう、そりゃ神経質だった。いろいろな事を気に病むタイプだった。考え事をしてしまうため寝つきが悪いタイプだった。

それが今は!

すっかり鈍感力を身につけ、幸せ一杯だもんなぁ。

なんと言ったらいいか、自己中心とは違うんだけど、「いろいろな事を気にしないほうが人生何かとお得」ということが体でわかったんでしょうね。

他人がどう思おうと、自分の目から見ている世界が私の世界なのだから、私がいいと思うように私の世界を創っていけばいい。

例えばつまらない例ですが、『あれ?あの人に嫌われているんじゃないか』と感じてしまうより、『あの人なんか機嫌が悪そうだ。家でなんかあったかな?ま、いいか』と思って、ニコニコ笑顔で人と接している方が、絶対お徳!人間関係うまく行く(笑)!

ようは考え方の問題。。。

(余談ですが、世の中には大変なこともたくさんある。けれど、そういうことに直面したり、例えば周りがドロドロの人間関係で大変なことになっていても、それをちゃんと認識しつつ爽やかな顔して生きる「図太さ」も私にはあるみたい)。

今は、今の自分を取り巻く日常の世界が宝物のように大事。

敏感に情報に反応せず、自分にとって本当に大事なものを着々と選び取る鈍感さ(安定)も身についたようだ???

ところで。

男の人も私、鈍感な人が好きだと気がつきました。

ほんとに鈍感なのではなくて、バタバタしても仕方がないとわかっている大人。安定している人。自分の弱さを開ける人。

こっちの虫の居所が悪くて多少八つ当たりしても、聞き流してくれるような大らかな人がいいっすねぇ。

そうそう、癌にかかった人も鈍感力が勝負のようですね。

(つまり心を健やかに、、、毎日を幸せに、、、、ストレスをためないで、血液をサラサラ流す)

そういう見方をすれば、今の私の癌に対する姿勢は大正解といえそうです。

トリビアの泉だったら、100回くらい「へぇ~~~~」を叩いたかも。

          *

まだ途中ですが、とにかく「鈍感力」という言葉は、すごく新鮮でした!

|

« のんびり過ごした一日 | トップページ | 休んだ次の日の仕事は辛い »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈍感力:

« のんびり過ごした一日 | トップページ | 休んだ次の日の仕事は辛い »