« 福島から帰ってきました | トップページ | 福島・リカちゃんキャッスル »

2007年5月 5日 (土)

福島・あぶくま洞

☆5月5日(土)

Dscn8352 旅行、初日。3日。

朝は9時ちょうどくらいに守谷の家を出ました。

我が家から常磐高速谷和原インターまでは車で10分弱。

晴天で気持ちのいいドライブとなりました。

最初はカーステレオで小田和正を聞いていたのですが、「さよなら~♪」とか「こんなことは今までな~かったぁ♪」とか、晴天で絶好調のときに聴く曲じゃないと思ったので、スマップにチェンジ!

流れてきたのは「オリジナルスマイル」!

懐かしい、大好きな曲で、娘と今の声は「香取君だ」とか「稲垣君だ」とか、「中居君かっこいい~」とか当てっこをしていました(娘は中居君とか香取君とか明るいサバサバ系が好みらしい)。

そうそう、娘は「森君」知らないのね。。。

ゴールデンウイーク後半初日でしたが、途中やや渋滞があった程度で、そんなに道路も混んでいなかったですよ。

Dscn8355

北茨城になってきたら景色が変わってきたので、いい景色を写真に撮ってもらいました。

娘がしきりに「ブロッコリーみたい」といっていた、山々。

Dscn8365

北茨城はトンネルが多いです。

しばらくトンネルばかりの道が続きました。

表示板に「いわきジャンクションから磐越道小野インターチェンジまで○○キロ渋滞」と出ていたので、『私とおなじあぶくま洞ルートの人がけっこういるんだな~』と思いました。

だって、小野には観光地、それくらいしかないですものね。

混んでいるならと、いわき勿来近くのパーキングエリアでトイレ休憩。お店のない、トイレだけのパーキングエリアだったので空いていて良かった。

相変わらずカーナビ君がへそを曲げているので、「いわき湯本IC」の次の「いわきジャンクション」を左に曲がることだけを気をつけて、出発です。

Dscn8369       ♪

はい、間違えないで順調にあぶくま洞まで来ましたよ。

ここはあぶくま洞手前の、「あぶくま洞 レストハウス」という食堂&お土産屋さん。

11時45分です。

鍾乳洞の中は歩くだろうと思って、その前に軽くご飯でも食べようと思いました。

Dscn8367

喜多方ラーメン。450円。

娘が頼みました。

私は麺が太いラーメンがあまり好みではないのですが、これは麺が滑らかですごく美味しかった。

私は天ぷらそばを頼みましたが、ちょうどお昼時でお客さんで混みだして、ちょっと麺が伸びていました。

せっかくの手打ちなのにネ。

働いているおばちゃまたちが張り切っているのだけれど、観光地の地元っぽい、てんてこ舞いがバッチリ見える(笑)。

こういうのもなかなか良いね。

ここであぶくま洞の入場券を買ったら娘と私で200円ずつ、400円も得しました。

Dscn8371     *

レストハウスを12時ごろ出ました。

車を走らせると、進行方向に白い山壁が見え、娘は「雪だ!」

母は「石灰だ!」。

すぐあぶくま洞に到着し、正解がわかりました。

今回は母の勝ちです。

Dscn8372

それにしても壮大な景色。

スイスには行ったことがないのですが、スイスのような景色だと思ってしまいました。

Dscn8374

*

*

*

Dscn8376

あぶくま洞入り口。

券を切ってもらうと、

Dscn8377

こういう山の中の、

Dscn8378

こういう斜面を延々、下っていきます。

娘が高所恐怖症らしく、とても恐がって思い切りぺっぴり腰。

久しぶりに「お手て」をつなぎました。

Dscn8381

あぶくま洞入り口。

洞窟の中を頭をぶつけそうになりながら入っていくのですが、空気も澄んでいるし、涼しくて、綺麗で、不思議と圧迫感はありませんでした。

Dscn8391

Dscn8405

中にすごく大きな洞穴があって見事な鍾乳洞を見ることができます。

途中で案内をしていた係りのおじさんが、「こんなところで立ち止まっていたら、一生かかっても出てこれないよ、中はもっと凄いよ。」と仰っていましたが、「なるほど」です。

なんだか地下の大聖堂の中に入ったような感じがした。

そうそう、鍾乳洞の中を長い通路が渡っているところなどは、冒険ものの外国映画のセットのようにも感じた。

それにしてもすごい人でした。

Dscn8418 たくさん写真を撮ったのですが、

見た感じが写真に上手く写らないなぁ。

こればかりは実際に行って見ないと凄さがわからないかな?

娘がしみじみ「面白かったぁ~」と言っていた。

Dscn8423 Dscn8426

Dscn8424

これは出口付近。ライトアップで表情が変わるの。

綺麗でした。

あぶくま洞はまだ発見されてから30年ちょっとしか経っていないのですね。

ビックリデス。

その近くの入水鍾乳洞は1927年に発見されているんですが、あぶくま洞は1969年です。

しかし8000万年という時が、こうしたものを作ったそうですよ。

自然の偉大さ、凄さがこれだけでもわかりました。

Dscn8429 Dscn8433

外に出るとこれがまた美しい景色。

ため息が出ました。

Dscn8437

Dscn8440 Dscn8439

外はなんだかお祭りのようでした。

焼きそばとかトウモロコシとか、鮎とか、しいたけの焼いたのとか、いろいろなものが売っていました。

Dscn8436 Dscn8431

私たちは「えごま」のソフトクリームを食べました。

ゴマのような味。

250円。

Dscn8453

この近くには「星の村天文台」もありました。

Dscn8443

大体一時間半くらいで回ってきたので、予定より少し時間が余りました。

勿来で借りている宿までは高速で一時間くらいのよう。

これから行っても早すぎるネ、ということで、娘と相談して、高野さんおすすめの「リカチャンキャッスル」に行くことにしました。

さて、、、

カーナビなしで行けるのかな?というのが大きな問題ですが・・・。

|

« 福島から帰ってきました | トップページ | 福島・リカちゃんキャッスル »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島・あぶくま洞:

« 福島から帰ってきました | トップページ | 福島・リカちゃんキャッスル »