« 体力もついたし | トップページ | 夢を叶えるには »

2007年3月 3日 (土)

池田晶子さんのこと

☆3月3日(土)

文筆家の池田晶子さんが2月23日にお亡くなりになったという新聞記事を見てビックリした。

6年位前だったと思うが、知人の主催した講座にゲストでこられ、哲学に関心を持つようになったきっかけなど身近にいろいろなお話を聞いたことがあり、ゆるくカールしたロングヘアが素敵で、すごく綺麗な方だったのが印象に残っている。

しかも同い年だ。

そのときは、自分の意識と体は別々のもので、前に行こうと思うと自分の意識が先に前に行き、その後を体が付いていくという感覚を小さい頃から持っていたと仰っていた。

物質はいつかは消えてなくなってしまうもので不確かなものだけど、人の意識は普遍的なもので確実なものだというような意味のことも仰っていたように思う。

不思議なことを仰る人だなぁと思って聞いていたけれど、今は少しその意味もわかるようになった。

また、外国人の恋人を殺して食べてしまった佐川さんという受刑者と、獄中の手紙のやり取りをしていらっしゃって、それを雑誌に連載もされていたようだ。(間違っているかもしれないです。間違っていたらごめんなさい)

当時から池田さんは「死」と仲良しというか、死を拒否していない、否定していないような言動をしていらっしゃったと思う。

亡くなったと聞いて、もうそっちに逝ってしまったのか、そんなに急がなくてもいいのに、、、、と思ってしまった。

ご冥福を祈ります。

|

« 体力もついたし | トップページ | 夢を叶えるには »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池田晶子さんのこと:

« 体力もついたし | トップページ | 夢を叶えるには »