« 湯気 | トップページ | 別世界「○○の部屋」? »

2007年1月25日 (木)

久々、多忙の幸せな一日

☆1月24日(水)

昨日は「安全・安心な社会を実現するための科学技術人材養成講座」の第一日目。

久しぶりに忙しく、なおかつ楽しい一日でした。

      ~  ~  ~   

朝。 

14時から駒場の東京大学先端科学技術研究センターで講義だったので、その少し前に向こうに着こうと余裕を見て11時半に家を出るつもりが、服を選ぶのにも一苦労。

最近は普段からジーンズばかりで、カジュアルな服装が一番自分らしい楽な服装になっているのですが、さすがにジーンズは講義初日には適当ではない。

スカートも薄手の女らしいデザインのものばかりなので、なんだかスカートっていう気分ではないし、あれこれ脱いだり着たりして、結局黒いスラックスとグレーの上着にした。

そこに行き着くまでに30分以上。(だから女ってイヤよね!)

一昨日息子とお風呂にどっちが先に入るかでちょっと衝突したのですが(くだらないといわないでネ  笑)、そのとき息子に言ったのが、「あなたはいつも用意が遅いじゃない!」。

・・・昨日準備をしながら『あー、息子のことを言っている場合じゃない。私に似たんだヮ』とどう頑張っても早く準備が出来ない自分を自覚。

けっこう急いで準備したのにもかかわらず、家を出たのが12時過ぎ。

間に合うかどうかの瀬戸際で焦りました(汗)

         *

Dscn6868 代々木上原の駅に着いたのが11時40分。

もうひとつ先の東北沢まで行けば、東大まで歩いて7分だったのですが、千代田線から小田急に路線が変わるので、そのままそのホームから電車に乗っていていいものかしばし迷って、結局代々木上原から歩くことにしました。

ここは上原中学近く。

Dscn6870住宅街を歩いていったのですが、こういう道好きです。

坂が多いのですね。

Dscn6871

ここ、13号館で講義です。

建物が古くて、すごく趣がありました。

以前伺った文部省もこんな感じだった。

時間にはギリギリ間に合ったようです。(ほっ。。。)

Dscn6872

ここは13号館の入り口。

リフォームしてあって綺麗に塗り替えられてはいますが、つくりが古くていい感じ。

         *********

講座テーマは「テロリズムとその背景の理解、ならびにテロ等重大事件に対する対応策の提案」

第一回目の昨日は座長の島田裕巳先生のオリエンテーションと 松本光弘 警察庁国際テロリズム対策課長の「イスラム系テロの沿革と現状 」という講義でした。

私たちの普段の生活には全く関係がないようなテーマですが、そうでもないんですね。

昨日はイスラム諸国のいろいろな歴史的背景や、宗教的なものの考え方を絡めた国と国とのやりとりを中心にお話を伺い、このあたりはいくら聞いても前後関係がわからなくなってしまうほど複雑でしたが、肝心なのは防衛ジハードというイスラム教の思想。

その思想が根底にあることを踏まえて情勢を見ると、バタバタした中にもハッキリ見えてくるものがあるという面白さでした。

昨日お話しを伺っていて恐いな、と思ったのは、「短期間の過激化」というテロの傾向の話。

一昨年のロンドンのテロでも、数ヶ月前までは全く普通の市民だった人たちが、あっという間に「過激化」して、テロの首謀者になる傾向があるそうです。

それも各自の判断でテロを決行する。

その背景にはインターネットやテレビ、ビデオ、cd、DVDなどの新しい文化が大きく関わっているとのこと。

この講座はそういった危機管理についても考えていこうという講座なのですが、早めにもう一回復習して自分なりの考えをまとめておかないと・・・。

今日明日中にやらないとダメだな。

               *

昨日はそのあと六本木ヒルズに向かって、6時半からのPJ会議にも参加してきました。

ミクシイの皆さんとの広場では書き込みが出来ず情報を読んでいるだけなのですが、ああいう皆さんの顔が見える場に行くとなぜか元気になって発言する私。

普通は逆ですよね。

昨日もスクープをとった納豆問題や不二家のニュースなどの話でおお盛り上がりの、活気のある会議でした。

 

|

« 湯気 | トップページ | 別世界「○○の部屋」? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40992/5068570

この記事へのトラックバック一覧です: 久々、多忙の幸せな一日:

« 湯気 | トップページ | 別世界「○○の部屋」? »