« さだまさしの日めくり | トップページ | 牛久大仏で願い事 »

2007年1月 3日 (水)

シャトーカミヤのランチ

☆1月3日(水)

今日は娘を連れて牛久に行ってきました。

昨年はじめ、県の人材育成講座の発表があり、うちのグループの一成君の彼女、エミリーちゃんに茨城を案内するという想定で、茨城県南の観光プランを立てることになったのです。

で、その取材のために昨年は1月4日に牛久シャトーと牛久大仏に行ったのですが、娘とふたり、そのとき立ち寄ったシャトーの食事と牛久大仏のミニ動物園が気に入って、今回でもう三回め。

Dscn6711 今日もシャトーの中のビアレストラン「オエノン」で、新春コースのお料理を食べました。

こちらは娘の注文したサーモンのあさりソースとかいうお料理。

Dscn6710

こちらは私の注文した豚肉の香草焼きとフランクフルト。

すごいボリュームだったので、少し娘に分けました。

お肉が柔らかくってすごく美味しかったです。

Dscn6712

コースは肉か魚のメインデッシュ、パンかライス、サラダ、スープ、デザート、コーヒーか紅茶がついて1500円でした。

Dscn6714娘は紅茶をチョイス。

普段はコーヒーも紅茶ものまない彼女は、ここにくると大人の味にチャレンジ。

砂糖たっぷり、ミルクたっぷり入れないと飲めないの。

          *

娘がここのお料理がとても好きみたい。

連れて行くたびにとっても喜ぶのですよ。

お肉も魚介類もそんなに濃い味付けはしていなくて、どちらかというと素材の味が生きているお料理なのですが、どうもそこが気に入っているようです。

でもね、普段はフォークとナイフでするような食事は作っていないので娘の食べ方がぎこちなくって、見ていられない。

その練習のためにもフォークとナイフで食べるお料理、食べさせないといかんな、、、と思っている母です(そいういえば最近、家族での外食ってしなくなりました。私がダイエットをはじめてからほとんど食事は家で作るようになったから)。

         ************

Dscn6716 帰りにはシャトーカミヤのパン工房で娘の好物のラスク2袋と、ナッツやレーズンが一杯練りこまれたパンを買いました。

          *

帰りの車の中、買ったパンが見当たらないので、娘に「あれ?パンどこに置いたの?」と聞いたら、「あれ~??」なんてとぼけた返事をする娘ちゃん。

なんとラスクは私の座席の下に。。。

あらら!?こんなところに置いたら潰れちゃうじゃない!とブツブツ言う私。

案の定、袋のなかの潰れて砕けているラスクを見て、なんだかムッとした。

        *

たいしたことではないのですが(ホント、どうせ娘が食べるのだから、私が怒ることでもないのョ)、ここ数日、こういう小さいイライラがとっても多い気がする。

お正月そうそう、なんだかとっても苛立つことばかりです。

たぶんね、それはね、私の問題。

私の物事の捉え方がイラつくほうに傾いているのね。

イカンイカン・・・軌道修正だ。

     ~    ~    ~

家に帰ってきて、ラスクの袋をつまみ、大きな声で、「まったくさぁ、せっかく買ったラスクをこんな粉々にするオバカサンいるかね!」と明るく発散。

息子が「どうしたの?」というので

「自動粉砕装置のなかにラスクを置いた人がいるのよ!」

そういいながら娘の顔を見たら恥ずかしそうに笑ってました。

そうそう、こんなことでムッとしていても仕方がないモンね。

イライラは笑って吹き飛ばしましょう。

|

« さだまさしの日めくり | トップページ | 牛久大仏で願い事 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャトーカミヤのランチ:

« さだまさしの日めくり | トップページ | 牛久大仏で願い事 »