« 頑張ってほしいな! | トップページ | 掃除やお料理のこと »

2006年12月13日 (水)

韓国の徴兵制度でおもうこと

☆12月13日(水)

昨日、韓国から「ソンさま」が来日したそうだ。

兵役を終えて初めての来日だとのことだけど、さっきテレビで観たらなかなか素敵な男性だった。

空港の出迎えで一目見られたと泣いているおばちゃまがいたけれど、私にはその気持ちがあまりよくわからないヮ。泣くほど感動するのはいいことだと思うけど、共感は出来ないかな・・・。

            *

数年前、生涯学習まちづくり協会の福留先生たちと一緒に「韓日友好生涯学習まちづくり国際フォーラム」で韓国の大田(テジョン)に行ったのですよ。

行政や大学の関係者が多い中での移動で、言葉もよくわからず、(私らしく?)ポッカーン。。。としてみなについて歩いていました(笑)。通訳してくれる人が明らかに少なすぎたのですが、あのようなときは目の前の現状を楽しむしか仕方がないのです。

あの時は韓国の方々が上下関係に厳しいというのが集団の中の雰囲気でよくわかった。上の立場の人の下の立場の人へのものの言い方が、威厳たっぷりでしたモン。

「冬のソナタ」がブームになるちょうど一年位前で、あのあと日本では、誰も彼もがヨン様ヨン様と言うようになったのだヮ。

国と国とはいろいろ面倒な問題もあって、ギクシャクすることも多いけれど、民間での文化交流は基本的に『いいことだなー』と思っています。

          *   *   *

ところで先日11月の韓国でご一緒した南君がソウルのまちを歩いているときに兵役のことをいろいろ話してくれました。

それがすごく面白かったの。南君、ありがとうね!

南君は目が悪くて資格検査(と言うのかな?)に引っかかって、兵役の代わりに精神障害者の施設で二年間ボランティアをしたんですって。

韓国はご存知の通り徴兵制がしかれていて、男の人たちは高校を卒業してからの数年間の間に軍隊に行かなければならないそうなのですが、南君のように兵役が免除されてもその代わりに社会のためにそれなりの施設でボランティアなど、何かをするのが決まりみたいですね(ちゃんと調べたわけではないので、曖昧ですみません)。

大学に入る方や大学院に入る方は申請で多少延期は出来るらしいんですが、基本的には若いうち(20代半ばまで)に兵役を済ませなければならないようでした。

兵役は全員寄宿舎生活で、給料は一ヶ月80000ウォンくらいだそうです(日本円で約一万円くらいですかね)。

Dscn5978 まちを歩いていると、兵役期間を務めていると思われる若い男性にたくさん出会いましたよ。

(←彼らもそう・・・。この写真を撮ったとき注意をされてしまった・・・)

軍として街中の警備をしていたり、歴史館のなかで切符切りなどをしている若者もしました。

南君に聞いたら、兵役に入ったことで悩んで自殺してしまう若者もいるとのこと。

韓国は学歴社会ですから勉強ばかりやってきた若い青年たちは厳しい訓練に耐え難い辛さを感じる人も少なくないらしいです。

兵役があることで将来の見通しも立てられない部分もあるし、二年間と言う、若い人間にとっては決して短いとはいえない期間、やりたいことがあっても中断せざるを得ない。

若者にとって兵役はかなり大変らしいと言うのはお話を聞いていてヒシヒシと伝わってきました。

お金持ちなどは兵役を避けて海外に移住してしまうらしいです。

Dscn5905 ところで南君は一ヶ月だけ兵役の訓練をしたのだそうです。

「あの時は苦しくて死ぬかと思った」と感想を言う南君にとても親しみを感じました。

南君、体細いし、気ぃ使いやさんだし、すごく頑張ったんだろうなぁ。

わー、私もそう思うに違いないって。。。

国が違うと言うだけで、持っている感覚は私たちと一緒なんですね。

|

« 頑張ってほしいな! | トップページ | 掃除やお料理のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の徴兵制度でおもうこと:

« 頑張ってほしいな! | トップページ | 掃除やお料理のこと »