« 秋の木の実 | トップページ | 協働のまちづくり市民会議 »

2006年10月 4日 (水)

冬のおやつ

☆10月4日(水)

今中学一年生の娘。小学校の6年生くらいから、とってもよく食べるようになりました。5年生までは食も体も細かったのだけれど・・・。

女の子ってこのくらいの時期はホントよく食べるよね。

私たちが中学生の頃もそうだった。

小学生までは私も細っこかったけど、中学になると私も友達もみんなパンパンにまあるくなって、「昨日家帰ってお菓子たべたら止まらなくて、一袋食べちゃったぁ」とか「遠足用に買った大袋のポテトチップス、我慢できないで食べちゃったよ」とか、そんな話題で盛り上がっていたなぁ。。。

この時期の「本能的な食べたさ」がよくわかる、わたし。

学校から腹ペコで帰ってくる娘には、おやつを用意しておく。

Dscn4877 おやつはね、おでん。

ほかほかに煮た、大根とかこんにゃくとか、好物のさつま揚げとかを大喜びで食べています。

これなら夕食に響いても問題ないし、カロリーもそんなに高くないし、いいですよね。

なくなってきたらまた目先の違った具を足して煮込んでおけばいいので、けっこう飽きないし、楽チンだし。

お弁当のおかずにもなるし。

我が家の冬の常備鍋(?)です。

|

« 秋の木の実 | トップページ | 協働のまちづくり市民会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬のおやつ:

« 秋の木の実 | トップページ | 協働のまちづくり市民会議 »