« 自覚にいたるまで | トップページ | 「まなびピアいばらき2006」とリカレント☆ねっと »

2006年9月15日 (金)

顔を切って一週間がたちました

☆9月15日(金)

今朝、あごの傷に貼っている絆創膏を取ったら、バンザーイ!!自然にカサブタがはがれ、傷もふさがっていました。

怪我をして一週間。結局お医者さんには行きませんでした。

顔を切った直後パニクった時と、その晩ちょっと落ち着いたときに、お医者さんをしている地域活動のお仲間からメールでアドイバイスをいただいたりしていたので、ちと、安心だったことも事実だけど(ホント、感謝です。ありがとうございました)。

昨日くらいから、切ったところにある、ゴロゴロしている「瘤」が気になっているのですが、それもそのうち吸収されるのではないかと、これもまた素人考え、お気楽な性格です。

ここのところ、ご飯を食べると痛かったのは傷ではなく、この瘤のせいだったみたい。

この場合、そっとしておくより、お顔の体操をして中にたまっている毒を排出する助けをしたほうが直りがいいんじゃないかと、あごを動かす、わたし。

これもまた素人考え。

Dscn4585 今回の怪我で私の使ったテープはこれです。

三年前、手術をしたあと、傷に貼っていたもの。

「マイクロポア」という字は、これを買いなさいな、と主治医が現物のテープを見本に貼り、書いてくれたものです。

コツはね、切ったところを引き寄せるようにして、傷に直角に貼ること。痛みもないし、かぶれもないし、はがれにくいし、けっこういいです。

         *************

でも、顔を切った方はくれぐれもお医者様に行きましょう。

この報告は、単なる参考までに。

あしからず。

※今朝のライブドアの記事、「乳癌がもたらしてくれたもの=告知」です。↓

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2448046/detail

|

« 自覚にいたるまで | トップページ | 「まなびピアいばらき2006」とリカレント☆ねっと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顔を切って一週間がたちました:

« 自覚にいたるまで | トップページ | 「まなびピアいばらき2006」とリカレント☆ねっと »