« ナルニア国物語DVD | トップページ | 明日の地域づくり委員会 »

2006年7月28日 (金)

八坂神社「神楽殿」での踊り

☆7月27日(木)   八坂神社「神楽殿」・仲下若連・上町若連

Dscn3212

今日で祭り三日目の八坂神社。

神楽殿で、坂町新町の若連の踊りが披露されるというので行ってまいりました。

Dscn3179

7時半過ぎ。

すでに子どもたちが踊りを披露していました。

Dscn3180

二週間以上練習を重ねてきた子どもたち。

お見事でした。

Dscn3194

神楽殿の脇で出番を待っています。 

Dscn3189

笛や太鼓も子どもたちが担当です。    

Dscn3188

衣装がとても色鮮やか。

Dscn3225

     -

Dscn3238

いつもあるお神輿が、、、?

どこにあるのかな?と思っていたら、

Dscn3224

本殿の中に納められていました。

お神輿の両脇には獅子頭。

昔は獅子舞もしていたそうですよ。

獏は夢を食い、獅子は厄を食うのだそうです。

獅子舞ではよく頭を「カプッ」とやってますが、あれ、厄を食っているんですね。

                *****************  

Dscn3231

8時近く。

青年部の踊りです。

Dscn3242

神楽殿のなかで出番を待っている、面。

Dscn3243

神楽殿の楽屋裏(というのかな?)から、舞台で皆さんが踊っている姿を後ろから撮影させていただきました。

Dscn3247

神楽殿の中には所狭しと荷物が置いてありました。

Dscn3248

4人が並んで踊っていると、

豪華ですね!

Dscn3217

ちょっと神社から離れて、他の町内会に。。。

Dscn3197

神主の下村さんに、仲下若連の山車まで案内していただきました。

山車の上での踊りの練習。

Dscn3199

先日坂町新町町内会で話題になっていた、100年経つという山車。

彫り物がとても立派です。

Dscn3200

彫り物の多くは鳥でした。

神の使者という意味なのでしょうか。。。

Dscn3201

山車の飾りつけは明日するそうです。

Dscn3204

車輪も木です。

坂町新町の山車はここ、仲町、城内、新田、下町の山車をお手本に作られたそうです。

Dscn3206

仲下の山車は、柵が朱に塗ってありますね。

橋の欄干のようです。

                 ***************

Dscn3254

こちらは下村さんの生まれ育った、上町の山車。

他とはまた違う山車のデザインです。

飾りつけもそれぞれの山車で違うんですね。

Dscn3257

吉田さんにご了解をいただいて、山車のうえに上がらせていただきました。

私は映っている赤い鉄パイプの脚立で上りましたが、普通は皆さん、腕の力だけで飛び乗るのだそうです。もちろん女の子も!私はとても自力では無理そうでした。こちらは山車の後方。

Dscn3255

こちらは山車の前方です。

神主さんとお話しているのが下村さんの幼馴染の吉田さん。

この山車はお二人が小学校6年生のときに完成し、今年で20年が経つとのこと。

Dscn3259

この柱は、下村さんが何年もかかってやっと担当することができたという、ポジションです。

ここが下村さんの憧れだったのですね^^!

Dscn3256_1

山車の上で立って外を見るとこんな感じ。

何万人もの大勢の人たちに囲まれて、この上で踊るって、どんな気分なんでしょうね。

きっと最高の気分だと思います。

Dscn3270

普段山車がしまってある、「山車小屋」まで案内していただきました。

山車は祭りの10日くらい前にここから出して組み立てるのだそうです。

山車の大きさは見た目にはかなりなものでしたが、小屋はそんなに大きくないのですよ。

とても効率的にたたんでしまわれているのがわかりました。

Dscn3272

祭り支度の夜の駅前商店街。

Dscn3277

祭りの期間中は、このような大きなノボリが17本、街中に建てられます。

      *

ノボリは「矢」をあらわしているそうです。

書いてある文字はノボリによって違います。

Dscn3273      *

9時を過ぎました。

人がいなくなっても神社には灯かりがついていました。

お祭りの間は24時間、灯かりを消さないそうです。

|

« ナルニア国物語DVD | トップページ | 明日の地域づくり委員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八坂神社「神楽殿」での踊り:

« ナルニア国物語DVD | トップページ | 明日の地域づくり委員会 »