« 守谷市探検うきうきマップ(前半 ) | トップページ | ちょっと感動、Wonder Goo »

2006年5月22日 (月)

守谷市探検うきうきマップ(後半)

☆5月21日(日)  「守谷市探検うきうきマップ」と「NHKの取材」

 Dscn1637 小さな鳥の資料館は、池田先生が自費で建てられたそうです。訪れた人が、自由に見学できるようになっていました。                    

 

 まずは一階の資料館入り口で、先生の説明を聞きました。

 資料館の一階には、クマダカの剥製がありました。大きく翼を広げた見事なものですが、羽の様子からまだ幼鳥だとのこと。

 とても貴重なタカだそうで、県から許可を頂いて展示してあるそうです。

Dscn1641

 半分ずつに分かれて、一階と二階を交替で見学しました。

 ここは二階。

 守谷に棲む鳥の写真や、剥製などが展示してあります。

Dscn1650

 鷹の剥製。

 生きているみたい。。。

Dscn1643

 子ども限定の鳥の写真のプレゼント。

 写真を熱心に見て、これぞという好きな一枚を選ぶ二人。

 

Dscn1648

 守谷で落ちていた羽の資料の展示。

 日本の野鳥の種類は約550種で、守谷にはそのうち120種類の鳥がいるそうです。

   *******      ********     *********

Dscn1656

 鳥の資料館の見学を終えて、次は森林公園に向けて出発です。

 暑いのに、けっこうみんな元気。

 ※写真はクリックすると拡大されます。

Dscn1658

 森を抜けて、親水公園に。

Dscn1661

 親水公園の手前、ここにはたくさんのメダカがいました。

 今メダカって、絶滅が危ぶまれているのだそうですね。

 昔はたくさんいたのに・・・。

Dscn1664

 畦の後ろの草の生い茂っているところは、もとは水田だったところ。 

 一年ほうっておいたら、こんなにたくさんの柳の苗が生えてしまったそうです。

 そういえばエコミュージアムでは、数え切れないほどのたくさんの綿帽子がふわふわ風に舞っていました。あの綿毛がこの柳になるそうです。

Dscn1666  

 畦で小さな動物の赤ちゃんを見つけました。もう死んでいました。

 とっても気になったのですが、触れなかった。

 脇に寄せておいてあげればよかったです。

Dscn1668

 池田先生チームの皆さんは、みな大きな望遠カメラを抱えて歩いています。

 すごい体力、かっこいい!

 なんだかテレビのロケ隊みたい。

Dscn1672

 森林公園手前の、小さく盛り上がった丘に登り、みんなでお昼ご飯です。

 ここからは親水公園の池が見えます。

 いい眺め!

Dscn1673

 かなちゃん製作、ブレスレット。

 くもの巣で出来ています。

 「フミちゃんのお母さん、ご飯の間預かっていて・・・」とかなちゃんに頼まれ、「よっしゃー。まかしときぃ~」と、頑張って預かりました。

 *****************

  ここでハプニング。

  準備が悪いので、デジタルカメラの電源が落ちてしまいました。

  ここからは新しく買った携帯の本領発揮です。聞くところによると、この携帯はシャープ製で、写真の画像が美しいらしい。  ↓どうかな?

 2006tannkenn

 難しそうな顔をして、なにやら指をさしています。

 なにを見つけたのでしょう?

 すずしい日陰から、親水公園の鳥たちを観察です。

2006tannkenn1

  双眼鏡を使って観察。

  ユウキちゃん、ピントは合ったかな?

2006tannkenn6

 池田先生、望遠カメラで鳥をあわせて見せてくれました。

  

2006tannkenn5

 みんなこんな感じで、並んで観察をしています。

 

 

 たっぷり観察をした後、全員で集って、総勢39人の全体写真を撮りました。

 道を歩いていたご近所のおじ様に急遽頼んで写真を撮ってもらったのですが、謎のおじ様はデジカメに慣れていないのかシャッターをずっと押しっぱなし ヾ(~∇~;) ???

 写されている私たちは大笑い。

 おじさんにお礼を言って、さっそく撮って頂いた写真を確認したら、いつシャッターを切ったのかわからないため、写されている私たち参加者は、みな顔があっちこっちを向いていたそうです(爆笑)。

 それもまた楽し!!!

    *

 そして最後に、いるか隊、うさぎ隊、あひる隊、ぱんだ隊、ぺんぎん隊、きりん隊と、班別に先生方との写真を撮りました。

 ここで先生方とはお別れ。なんだか寂しい、名残惜しい。。。

 楽しい時間をありがとうございました。

*******************

2006tannkenn3

 

 森林公園を抜けて、駅に向う一行。

 まだみんな元気が残っているみたい。

 すごいネ!!!

  ○   ○   ○   ○   ○

  予定より約一時間弱遅れて、三時20分ごろ、ようやく守谷駅につきました。

  最後に集って、解団式(解隊式?)。

  今日のもうひとつのお楽しみ、第一住創さんから協賛頂いた守谷すたいるの商品券と、池田先生から頂いた「日本野鳥の会」からの「野鳥の世界へのパスポート」を配り、それぞれのご家族から一日の簡単な感想を頂きました。

  私たちも本当に楽しかったです。

  皆さんと充実した一日を過ごせたことに、感謝の気持ちで一杯でした。

2006tannkenn2

 解散後、うきうき探検隊の元隊員さんたちは守谷すたいるで買い物。

 およよ?

 仲間たちがなにやら取材を受けています。

    ~   ~   ~

 実はこの日、守谷で取れた牛乳を使った製品について、NHK水戸支局の皆さんが取材に訪れていました。

 

2006tannkenn8

 暑かったこの日、探検を終え、第一住創さんの商品券をもって守谷すたいるでアイスを買って出てくる私たち隊員は次々にインタビューを受けることに・・・。

  

       ***     ***

 

 リカレントの代表、サンダース青木さんも、さっそく、アイスを買ってきました。すぐ取材陣の目に留まったようです。 

 イヤイヤと躊躇していましたが、・・・インタビューを受けていました。

 「あまり甘くなくて、スッと入ってきますね。美味しいです・・・」

  ・・・とかなんとか、真面目くさった、まるでお料理番組のような青木さんのすましたコメントを聞いて、横にいた私たちは皆で声を殺して爆笑していました。(NHKさん、ごめんなさい!)

 人がインタビューを受けているのを見て、あんなに笑ったのは初めてです。

      ***     ***

 放送は火曜23日の6時からの首都圏ネット(ニュース)だそうです。

 取材陣の方と、しばしリカレントの活動の話で盛り上がりました。

 「23日は、皆で6時にテレビの前に正座して、ビデオのスイッチを押す準備をしてますね!!!」と帰る取材チームに声をかけたら、笑っていましたよ。

 頭から尻尾の先までぎっしり餡子が詰まった「たい焼き」のような美味しい一日でした。

|

« 守谷市探検うきうきマップ(前半 ) | トップページ | ちょっと感動、Wonder Goo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 守谷市探検うきうきマップ(後半):

« 守谷市探検うきうきマップ(前半 ) | トップページ | ちょっと感動、Wonder Goo »