« 新聞折込の中に・・・ | トップページ | KRT »

2006年4月24日 (月)

モンゴルからのお友達

☆4月23日(日)   リカレント☆ねっと モンゴルからの友人

 今日は息つくまもなく一日が過ぎました。

 午前中はなんだかんだの事務処理。

 娘の、「お母さん!おなかすいたー!」というアピールで、昼になっていることに気がつきました。

 Dscn1145                       *****

 3時に、「小さな鳥の資料館」の池田先生のところに高野さんとご挨拶に伺い、そのあと夕方4時から仲間で集まってリカレント☆ねっと打ち合わせ会です。

 特別ゲスト、10月に行われる、茨城県生涯学習フェスティバルの、「まなび発見プロジェクト」のメンバー、荒川さんとの打ち合わせも・・・。

 荒川さん、一緒に頑張りましょうね!

 若いママ、お好み焼きやさん「たんぽぽ」の社長さんの奥様、坂本さんも顔を出してくださいました。思いがけず来ていただいて、ホント嬉しかった!!!

 Dscn1142

5月のうきうき探検マップなど盛りだくさんの話し合いのほか、常陽新聞に送るメンバーの集合写真も撮りました。

 

         *   *   *

Dscn1147  夜7時過ぎ。

 モンゴルの友人、メグ(ガンチメグ)とガンバ(ガンバートル)のご兄妹です。

 知り合って8年目、将来のモンゴルの教育を担う二人。

 8年前、彼らがモンゴルの大学に日本語図書館を作るとき、その協力者の一人として出会いました。

 メグちゃんはつくば大学の大学院生。国費留学で二年間日本で学校経営の勉強をし、モンゴルに学校を創る夢をかなえようと頑張っています。

 お兄ちゃんのガンバは、日本語図書館のほか、モンゴルでは今、日本語の塾を経営しているそうです。5年ほど前に会ったときより日本語が上手く、すっかり経営者の貫禄。

   *   *   *   

  昔、ガンバとモンゴル大使館に行ったとき、渋谷のハチ公前で待ち合わせたのですが、私ハチ公前がわからなくって・・・。

 ウロウロ迷っていたら、「やましたさ~ん、こっちですよ!」とガンバに見つけてもらい、渋谷を案内してもらったという経験があります。

 また5,6年前、モンゴルの彼らのところに行ったのですが、私の乗った馬が走り出してコントロールが効かなくなってしまった時も、だーっ・・・と走ってきて助けてくれました。

 あんときゃ、ホント助かったぁ~。

 私より若いのですが、お父さんみたいな雰囲気のあるやさしいガンバです。

    *   *   *

ガンバは仕事を生み出す力があって、日本語図書館も塾も、何もないところから今を築き上げています。

 日本に来ても、アメリカにいても、もちろんモンゴルでも、自分はどこにいてもやりたいことが一杯で、時間をもてあますことなどない。どこにいても楽しくて仕方がないと話していました。企画力と行動力、両方兼ね備えているんですね。

    *    *    *

 今回はモンゴルのホテルのスタッフが、日本のホテルで研修をするそうで、そのコーディネートで来日したとのこと。情報収集もかねているようです。

 昨日は三人で、熱く、将来を語り合っちゃいました!
 (もち、すべて日本語です)

 

|

« 新聞折込の中に・・・ | トップページ | KRT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モンゴルからのお友達:

« 新聞折込の中に・・・ | トップページ | KRT »