トップページ | 内股歩きも練習しなきゃ »

2006年2月10日 (金)

皮を削る

☆2月10日(金) 美容・エステ  けやき台「トゥシャンス!」

「フットケア」というのを生まれてはじめてやってみた。

厚く硬くなった足の裏の角質を柔らかくして削ってもらい、足のつめにマニュキアを塗ってもらう10500円のコースだ。

場所は守谷市けやき台、ふれあい道路沿いの「トゥシャンス!」というカリタのお店。

Dscn0288 私はここ数年、右足のかかとの側面裏の皮が厚くなっている。おまけにこの季節の乾燥で、その厚い皮にひび割れが出現したのだ!

歩き方がヘンテコリンなのかもしれない。多分右側のほうに気合が入っているのだろう。

とにかく毎日軽石でこすってもなかなか退治できないので、こうしてお店に訪れたというわけだ。

   -*-

このお店は、お客をゆったりくつろがせることもサービスなのでしょうね、最初に温かいフットバスに足を浸して硬い皮膚を柔らかくした後、ベットに仰向けに横になり、施術を受ける。

多分フランスの曲だと思うけれど、つぶやくような女性の歌声が店内に静かに流れている。

そんなわけでベットに横になったとたんにスヤスヤ寝てしまい、気がついたら一時間後でした。

お店の方に起こされて目を覚ますと、あれほど硬かった足の皮は綺麗に薄くなり、爪にはマニュキアがキラリ!

Dscn0241 肝心なところを見逃してしまったのでお店の方に聞くと、「野菜の皮むきのような道具で皮を削るところもあるのですが、ここではモーターで動くやすりが付いた機械で、やすりを回転させて皮を削る」とのこと。

ふ~ん、足の皮を皮むき機のようなものでペリペリッと剥く・・・ってのもいいかも、と思う。

手ごわい足の皮にはそれくらいのものをお見舞いしないと降参しない気がするのである。

   -*-

お店の方に優しく「マニュキュアがよれてしまうかもしれないので、もしよろしかったらお使いになったスリッパでお帰りください」と勧められた。

が、車ならまあいいとしても、この日は歩きだ。

赤いウールのコートにコーデュロイのズボンに手袋にマフラー、そして足元は素足にぺらぺらのスリッパ・・・

「・・・?」

その格好で守谷の街を闊歩する自分を想像して、優しい心遣いはご辞退した。

|

トップページ | 内股歩きも練習しなきゃ »

コメント

トシさん、ポッチさん、コメントありがとう。

やっぱ私たちは「踵」といえば、「軽石」の世代ですよね!(笑)
(実は私も毎日使っています)

投稿: リカ | 2006年2月20日 (月) 08時31分

openおめでとう!
削った皮を思い浮かべるとナントも言い難い寂しさを感じます。
ついつい踵をむしってしまい、剥いた皮をどうしたものか、ふと考えてしまいます。
入浴時に、トルマリンを練りこんだ軽石でこすった後、クリームでマッサージして靴下を履いて保湿!小まめに続けましょう!
私も踵美人になりたいな!

投稿: ポッチ | 2006年2月19日 (日) 23時38分

昔、銭湯で軽石を使って足の皮をこすった覚えがあるのですが、
今はもう見かけなくなりました。

投稿: トシ | 2006年2月17日 (金) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皮を削る:

トップページ | 内股歩きも練習しなきゃ »